「完全ノンアダルト」のチャットレディでも人気者になってちゃんと稼げる?

チャットで稼ぐためのアドバイス

「チャットレディ」の仕事の内容は、まさに”チャット(おしゃべり)”であり
その本来の姿は、<ネットを介して会話をする>というものになります。

しかしながら、特に昨今人気の「ライブチャット」においては
視覚的な要素大きく、どうしても”その先”を求める利用者は多いものです。

いわゆる”アダルトチャット”は、ルールを守った上でのパフォーマンスが許され
その報酬に関しても、チャット業界の中では最高峰と言えるものになります。

しかしながら、もちろん”ハードル”が高いことは否定できず
特にこれから始める女性にとっては、手を出しづらいジャンルと言えます。

当サイトにおいても、初めてチャットを始める女性に対しては
「完全ノンアダルトサイト」を推奨しており、誰もにおすすめできるジャンルです。

完全ノンアダルトであれば、少なくとも訪れるユーザーも納得しているはずです。

一方で、「ノンアダルトでは稼げないのでは?」というイメージを持つ人も多いはずです。

ここでは、改めて「ノンアダルトでも稼げるよ!」ということを解説していきます。

なかなか見つからない「時給4,000円以上」のアルバイト

(完全)ノンアダルトチャットは、基本的に「時給4,000円程度」が基準であり
どんなサイトも、”時給換算でそのくらい”ということが一般的です。



チャットのお仕事は、基本的に「1分毎」で計算されるため
時給は”1時間チャットし続けた場合”の数字になりますが、”十分高い”と言えるはずです。

「喋り続けなきゃ稼げないじゃん!」と思ってしまう人もいるかもしれませんが

”やった分だけ稼げる”

というのは、働く側も仕事を用意する場(サイト)も一番納得できるシステムであり
1時間以上の「ロングチャット」は珍しくなく、また必ずしも自分が話し続ける必要はありません。

”1時間ただつないでおく(一緒に別々のゲームをしている)”というケースもあります。

一緒にいる時間(実際には遠い場所にいても)だけを求めてくるユーザーもいるのです。

あくまで、”おいしい例”になりますが。

いかに「まったりした時間」を提供できるかが、ノンアダルトで人気となる秘訣であることも事実です。

”悪くない仕事”なはず

一般的には、「1,500円/時給」くらいが”高い時給”の目安と考えられます。

2,000円以上というのは、「薬剤師」や「ガールズバー」といった仕事に多い価格帯です。

4,000円以上であれば、「それなりのちゃんとした接客を求められる夜のお店」が多いはずです。

チャットサイトというのは、基本的に”割がいい”と言えます。

アダルトチャットでは、「時給7,000円以上(マルチチャットなら更にプラス)」であるため
それに比べれば、ノンアダルトチャットの時給4,000円は低いかもしれませんが
リスクがほとんどなく、これくらい稼げる仕事というのは貴重な存在と言えるはずです。

3時間以上話せれば、1万円以上稼げる計算です。

普通の派遣アルバイトであれば、1日(8時間)でも1万円稼げないこともある時代なのです。

>>【チャットレディの給料】チャットのお仕事は1ヵ月でどのくらい稼げるの?

自分で選べる「ミックスサイト」も増えている

「もっと稼ぎたい!」と考えるのであれば、アダルトサイトに挑戦する方法もありますが
最近ではノンアダルトとアダルトの垣根が少ない、「ミックスサイト」と呼ばれるサイトも増えています。

例として「FANZA(ファンザ)ライブチャット」では、サイト内に様々なジャンルが揃っています。



その中からサイト内のパフォーマンスを自分で選べ、また相手によって変えることもできます。

「FANZA(ファンザ)ライブチャット」ノンアダルトチャットレディ公式募集ページ

ミックスサイトでは、「きわどいらいん」を責めることで駆け引きができたり
チャットレディとしての”腕”も磨かれ、完全ノンアダルトに比べて報酬率が高いことが多いです。

どのジャンルで”どこからどこまでOK”なのかは、そのサイトやジャンルによって異なりますが
より広い意味でチャットレディをしてみる気持ちがあるなら、ぜひ挑戦してみるべきでもあります。